EtarnalYouth

  • EtarnalYouth
  • 2020年3月17日

毛細血管は美と健康と若返りの源

新生COACERの新商品ラインナップが徐々にカタチになってきました。

エラスチン美容からさらに大きく拡大して、美と健康と若返りをテーマに新たな開発に取り組んでいます。

アンチエイジングの新常識

毛細血管へのアプローチです。

再生医療、再生美容の現場で行なわれる治療は、静脈への点滴や注射など。もちろん血管を再生させてくれるものではあるけれど、初回の治療時にその効果を身体の隅々まで届けるには、どれだけ毛細血管を活性化させられるかにかかってきます。

また日常生活においても、毛細血管のケアが老化や不調の改善、美容に大きく影響すると話題です。

以下、さまざまなサイトの情報をご紹介しつつ、毛細血管についてまとめました。

身体の老化=毛細血管の劣化?!

若さと健康の大きなカギ「毛細血管」。 実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくため、肌など体中の細胞が酸素&栄養不足になってしまい大問題となります。 もちろん肌だけではありません。肺や肝臓などの臓器、そして脳にまで影響して、肝臓病や認知症など、様々な症状の引き金になると考えられているのです。

引用元 NHKガッテン

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160713/index.html

毛細血管が消える「ゴースト血管」

中医学では血管・血液・血流の総合力を「血管力」と捉えます。血管力が落ちると、肩こりや冷え、もの忘れ、イライラ、シミなどさまざまな症状を引き起こすとも言われています。また、毛細血管がまるで幽霊のように消えてしまう「ゴースト血管」化してしまうことも。

引用元 AERA dot.

https://dot.asahi.com/dot/2018033000075.html

毛細血管ケアは健康維持の近道

酸素と栄養を、細胞のすみずみまで送り届ける役割を担っている毛細血管。これは、毛細血管が衰えると栄養や酸素が必要なところに行き届かず、トラブルの火種になると言うことでもあります。皮膚トラブルはもとより、肺や肝臓などの内臓疾患や認知症など、様々な病気は毛細血管の老化が影響していると言われており、健康維持の観点からも現在「毛細血管ケア」が注目を集めています。

引用元 健康道場

https://www.kenkodojo.com/column/knowledge/detail104/

全身の不調や肌、髪にも重要な毛細血管ケア

毛細血管のダメージは、全身の血行不良はもちろん、粘膜、関節、骨、脳、内臓、代謝や免疫にも密接に関係しています。具体的に何が起こるかといえば、冷え、眼精疲労、ドライアイ、頭痛、肩コリ、関節痛、もの忘れ、勃起不全(ED)、メタボリックシンドローム、アレルギーなどを起こしやすくなります。さらに毛細血管の老化が現れやすいのは、肌や髪。酸素や栄養分が正常に肌細胞に届かないとターンオーバーがうまくいかず、コラーゲンやエラスチンなどの潤い成分を作り出す繊維芽細胞が活性化されません。くすみ、シワ、シミ、たるみの原因に。また頭皮の毛根下にも毛細血管が張り巡らされています。毛細血管の劣化で髪の材料となる栄養分が届かず、髪が細くなり薄毛の原因にも。見た目年齢に大きく影響します。

引用元 HAPPY PLUS ONE

https://one.hpplus.jp/ourage/77594

40代以上の美容と健康は、まずは毛細血管のケアから

これらの記事をまとめてみると、毛細血管のケアがかなり重要であることがご理解いただけるかと思います。

どんなにいい成分の化粧品やサプリメント、医薬品などを摂取しても、毛細血管が劣化しゴースト化していると身体の隅々まで行き渡らず、排泄されてしまいます。

血液をサラサラにしたり、何かを活性化したりするのも良いですが、ダイレクトに毛細血管にアプローチして血管再生をさせることができるプロダクトを企画しています。

毛細血管再生セット

みたいなパッケージもご準備しています。

まあ、この名称は使えないかと思いますが😅

発表できるのもあと少しかな?と思いますが、まずはインナーでテストマーケティングをしていきますので、今しばらくお待ち下さい💗

いち早く情報を知りたい!という方

エラスチンサプリメントのお取扱店様には、先行モニター販売を実施します。

もちろん、エラスチンも毛細血管へのアプローチに必須ですので!

ただ今お得な新規お取り扱いキャンペーン実施中

https://coacer-japan.com/news/1266/

ぜひこの機会にお試しください♡

CONTACT

GRACECREAへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にご連絡ください。