NEWS

  • NEWS
  • 2021年1月25日

老化を止めることと若返ることは分けて考える

アンチエイジングとリバースエイジング

似たような言葉に思えるかもしれませんが、日本語に訳すと“抗老化と若返り”

アンチエイジングは抗老化=老化を止めること

今より老けないということで、若返りはしませんが、これ以上老化させないということは、最低限必要なこと。

その上で、

リバースエイジング若返り=細胞を増やし、体組織を増やしていくこと。

これをプラスしていくことが今からの時代というわけです。

そもそも老化とは

一言で言うと、細胞の老化と減少

私たちは誕生してから20歳までの間に、身体を成熟させるために細胞増殖をしていきます。

生まれてきた赤ちゃんの細胞は3兆個

最大年齢の20歳では60兆個

しかし、25歳くらいから細胞は増える数より、無くなる数の方が多くなり、私たちの身体から毎日10億個(約1g)の細胞が無くなっていきます。

また、残された細胞も“老化”をしていきます。

私たちの細胞は分裂して増殖しますが、分裂回数に制限があり、約50回でその細胞は分裂をすることができなくなり、“アポトーシス”と言われる自然死をするように設計されています。

その分裂回数をカウントダウンしているのがDNAの端についている“テロメア”です。

そのテロメアが短くなると、細胞は活性を失い、分裂しないようにプログラミングされています。

細胞はたんぱく質の工場

私たちの見た目はもちろん、身体の組織が衰える“老化”は、細胞の老化や減少により、タンパク質の製造が少なくなることで発現します。

皺やたるみだけでなく、組織が減っていくことを年齢と共に実感されていることだと思います。

バストやヒップ、腕や足、髪の毛まで

ハリやコシを失いスカスカになっていく。

見えてる部分だけでなく、内臓組織も少なくなり、柔軟性を失い、細胞の分化・増殖ができなくなることで、損傷を修復できずにいます。

また、免疫細胞も減少していくことで、身体の防御機能も低下しています。

リバースエイジングは身体全体の組織を増やすこと

細胞の老化を今から防いでも、今の年齢のまま維持するだけで、若返ることはできません。

明らかな若返りを実現するには、細胞を増殖・活性すること、若い細胞を新たに増やすことが必要です。

リバースエイジングを語る上で最も重要なのは幹細胞。

幹細胞は、20歳までは次から次に新しい細胞を作りますが、それまでの間になんと90%も使い果たし、それ以降は残りの10%を病気や怪我の修復のためだけに細々と使われるようになります。

再生医療で行われる幹細胞治療や、細胞療法は、体内で失われた細胞を抽出し、体外で培養増殖させて、身体に戻すという治療法です。

それと同時に、近年では成長因子と言われる幹細胞の分化促進をするタンパク質の一種を活用した細胞増殖も可能となりました。

幹細胞治療以外は、美容や部分的な治療のために行われる事が多いため、身体の組織すべてを増やすというリバースエイジングの本来の概念にはそれだけでは足りない…というのが実際のところ。

では、点滴すれば良いのか?と思いがちですが、特に幹細胞培養上清液と言われる、化粧品の原材料となっているものは、そもそもの培地(幹細胞を培養するための元の素材)の安全性が確認できるまでには、その歴史が浅く至っていないのが現状かと思います。

化粧品で、肌の中(真皮)に浸透すると謳っているものもあるようですが、本当に入ってしまうのなら大変不安であるということを忘れてはいけません。

それらを活用するのは、時期尚早であると言えます。

細胞増殖促進効果があるとされるものは天然の食品摂取しましょう。

弊社が扱うCOACERのエラスチンサプリメントは、安全性の確認された国産の食用の豚から抽出したタンパク質です。

これまでの市販のエラスチン素材に比べて純度も圧倒的に高く、エラスチンが身体の中でその機能を発揮させる“高分子処方”となっています。

100%高分子はCOACERのエラスチンサプリメントの原料だけです。

その他、海外のサプリメントの中でも、細胞増殖促進をするものがいくつか存在しており、それらの有効性をただ今人体実験しているところです。

老化を止めることは、時間が経過しないと確認出来ないことが多いですが、若返りはその効果をすぐに実感できることが多いため、大変分かりやすいものなのです。

細胞を活性化させるのに、バランスの良い栄養は必須

タンパク質の工場である細胞をフル活性するためには、昔から言われ続けている栄養のバランスが改めて重要です。

細胞を増やしても、その細胞に栄養が行き渡らなくては始まりません。

大塚製薬 カラダを構成するタンパク質より

タンパク質は筋肉だけでなく、身体の組織全てをを作っている成分です。コラーゲンもエラスチンもタンパク質の一種。

また、その他に分類されているビタミンやミネラルも総合的に身体をサポートしています。

身体に使われず過剰なものは脂肪になります。

バランス良く適量を!

細胞の老化を止めるためには、カロリーを減らすことも重要ですので、アンチエイジングにもリバースエイジングでも、食習慣はとても重要になります。

リバースエイジングするために、アンチエイジングをする

細胞増殖を促し、身体の組織を増やすリバースエイジングですが、それだけでは足りないということも忘れてはいけません。

どんなに細胞を増やしても、細胞の老化を加速させてしまうという“ゾンビ細胞”を残したままでは追いつきません。

せっかく増やした細胞がどんどん無くなっていくなんて、本当にもったいないことです。

これらのことから、アンチエイジングとリバースエイジングを組み合わせたプログラム、“リジェネプログラム”が誕生しました。

アンチエイジング=細胞の老化を止めるのは習慣化が必要。

なぜなら、私たちは普通に生活しているだけで、細胞は老化し、毎日10億個もの細胞を失い続けているから。

まずはアンチエイジングの習慣を身につけて、そこに細胞増殖活性化をプラスします。

新たな習慣を身につけるのは、普通はとても大変なことですが、ファーストステッププログラムではそれを簡単に習慣化させる秘密が組み込まれており、実施された方のほとんどが、その後も楽しく若返りの習慣を続けています。

なにしろ、明らかに若返っていくからですね珞

代表 清水麗子の衝撃的なビフォーアフター

初めてボカシなしで45歳を掲載しました。

ストレスで急激に太り、体調がかなり悪かったところから、ファスティングでダイエット、身体は健康になっても見た目は老けてしまいました。

たるみはもちろん、肌質も悪く、髪の毛にコシもなかった45歳。

そこからエラスチンと出会い商品化、細胞増殖しつつ、アンチエイジングの習慣を続けて来たことで、見違えるように若返り、今もなお、若返り続けています。

ちなみに、

再生医療事業をしているので、幹細胞を投与したかと思われがちですが、実はまだ幹細胞はやってないんですよ!

エラスチンと栄養バランスと吸収の良い酵素だけ

化粧品もなんと無印を使っていると言う笑

真のリバースエイジングが実現できたら、全てが若返ります!!なので、化粧品などのエイジングケアは必要なくなるという。

本当にお手入れも楽ですし、運動の効果もまったく違いますよ!

私(代表清水)のこれまでを詳しく知りたい方は、こちらの記事からお読みください。

おばちゃんの希望の星(笑)から、さらなる進化を遂げるべく、人体実験の日々を送っております。

私が編み出していくリバースエイジングの全てを、リジェネケアスクールで伝授しています。

自分のものにしたいー!!

そう思う方は、ぜひ受講されてくださいね!

スクールの資料請求はこちらです↓

CONTACT

GRACECREAへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にご連絡ください。