NEWS

  • NEWS
  • 2020年2月27日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染から死に至るまでと、それを守る免疫力とは

新型コロナウイルス、正式名称SARS-CoV-2

感染症名はCOVID-19coronavirus disease 2019)」と名付けられました。

すでに日本では多くの感染が確認され感染経路が不明な方の感染も報道されています。悲しいことに、このウイルス亡くなった方のニュースも耳にします。

できる限り正しい情報を得て、少しは過敏に反応をしておいた方が、自分と家族、そして大事な人たちの命を守れると思い、突っ込んだ情報を掲載しておきます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染するとこうなる

新型コロナウイルスは、高齢者や高血圧、糖尿病呼吸器疾患などの慢性症および、リウマチや膠原病などの免疫疾患の方は、発症すると重症化し、死に至ることもあるという、大変恐ろしいウイルスです。

コロナウイルスが発症すると、肺の絨毛のある細胞に感染して死滅させ死んだ絨毛が抜け落ちて、ゴミや粘液と共に気管支に溜まる。そうなると、ウイルスの侵入察知した体は、肺に大量の免疫細胞を送り込み、炎症を抑えようとするのだが、まれに免疫系が暴走して、健康な組織も含めてあらゆる細胞を破壊してしまうのだ。呼吸不全にな死に至った患者はSARSの患者同様に、肺にハチ巣状態の穴が空いていたという病変が報告されている。

引用日経BP「National Geographic」より

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/022000115/?ST=m_news&P=2

感染を予防するためには

この恐ろしいウイルスに感染しないためには外出しないことが一番ですが、外出した場合はできる限り人との接触を避け、マスクはもちろん、目からの感染を予防するために眼鏡を着用し、何かを触ったらその度に消毒をする。というくらいの過敏な予防も必要かもしれません。

私は健康だから大丈夫!

と、思ってても、私たちの身体の中は年齢を重ねると様々な疾病が潜んでおり、もしそれが免疫に関わるものであれば、免疫系の暴走が起きるかもしれないのです。

幼い子ども高齢者も、このウイルスの重症化は免疫系の暴走です。

感染、発症を予防するために「免疫力を高める」ことが必要と叫ばれていますが、この免疫力のメカニズムを説明できる方はほとんどいないと思います。

免疫とは、体内に病原体や毒素などが侵入しても発病に至らない抵抗力のことである。とありますが、この抵抗力は全て免疫細胞で構成されています。

画像出典 MREラボ

この免疫メカニズムが暴走して、本来は細菌やがん、ウイルスだけを攻撃するものが、健康な他の細胞をも攻撃していくと言うわけです。

免疫細胞はどこでどう作られるのか?

免疫細胞は白血球の仲間で、骨髄にしかない造血幹細胞から分化、増殖します。

以前からお話ししているように、幹細胞は生まれてから10歳になるまでにそのほとんどを使い果たします。生まれた時を100%とすると、30代では生まれた時の4%、50代で2.5%、80代では0.5%しか存在しません。

少なくなった幹細胞で細胞の代謝や病気や怪我などの修復を行うため、免疫細胞自体の生産も減少していきます。

こう言ったことから「免疫が弱る」とは、幹細胞や免疫細胞が病気など浪費されている場合新たなウイルスを攻撃する担い手(幹細胞)が、足りなくなっている状態を言います。

免疫の暴走はなぜ起きるのか?

免疫の暴走には、細胞核にある染色体のテロメアの長さが影響しています。

テロメアは細胞が分裂するごとに短くなります。テロメアが短くなると細胞はミスを犯しやすくなると言われます。加齢や生活習慣このテロメアの長さは変化をします。

また、免疫の司令塔と言われる、腸内の絨毛の間にあるパイエル板も重要です。

https://coacer-japan.com/coacerstemcells/1138/

このパイエル板を活性化するためには、日常の食生活が重要です。

暴飲暴食よく噛まずに飲み込んでしまう方、熱いものや辛いものなどの刺激物をよく召し上がる方は、この免疫の司令塔パイエル板が傷んでいる場合もありただしい制御ができなくなってしまいます。

本当の意味での免疫力の強化とは

今更急に、栄養バランスを整えて睡眠を充分に!と言っても、本当の意味での免疫力の強化にはなりません。

免疫細胞も、パイエル板も、幹細胞から出来ています。幹細胞の分化増殖には限りがあり、また年齢と共にものすごいスピードでなくなっていきます。

私たちの身体は、限りある幹細胞をバランス良く生命維持のために分散して使っています。

一部だけをその時だけ良くすることは全く意味がなくて、心身ともに健康でいるため、そして、免疫と言われる体を蝕むものを制御することを高めるのは、身体の仕組みを正しく、詳しく理解して、身体のために配慮して日々の生活を過ごさなければなりません。

私たちは、免疫系統に強い骨髄由来間葉系幹細胞を若い頃のように増やす治療を行うことができますが、まだまだその治療費は高く、一般には提供できないものです。

しかし、将来的には予防医学として、一般の人々もなんらかの治療が受けられるようになるといいなと思います。https://coacer-stemcell.com

CONTACT

GRACECREAへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にご連絡ください。