COLUMN

  • COLUMN
  • 2020年10月10日

この人に何が起きたのか!?第二弾 急激な劣化の理由

私自身の名誉のために、とりあえず、ずっとデブでブスだったわけではないことを証明する、さらに過去の写真を持ち出してみました。

2006年(37歳)子育て支援のNPOで起業し、親子で参加するプリンセスパーティーを開催したときの写真

2008年(39歳)会社を設立する少し前にフォトグラファー平賀正明氏に撮影していただいたポラロイド写真

娘をセレブな音楽幼稚園に通わせ、サロネーゼの皆さんを組織して託児付きの習い事をボランティアで開催していた頃。巻き髪でふんわりしたサロンエプロンを着けて幼稚園ママを満喫しながらも、深夜に寝ずに企画書とかブログとか頑張っていたころ。

そこから、2010年、2013年と続きますが…

ここまで急激な劣化があったと思います?

株式会社GRACE CREAの設立は2008年

これを見るだけで、会社を立ち上げてからの苦労が思い出されます。まあ、とにかく、回顧録をアメブロに連載している時にも、胃に穴が開きそうなくらい嗚咽しながら振り返ったくらいです。

41話まであります笑 お時間がある方はどうぞ

そうですね、かなり過酷な状況をたびたび乗り越えてきたわけですが、そこには相当なストレスがかかっていたことは間違いありません。

老化を加速するストレスとゾンビ細胞

老化や劣化はある日突然人の姿を変えたりしませんが、それが始まるとあれよあれよと進行していきます。

私が人よりも早く老化し、見た目を変え、身体の不調を引き起こしていたのは、最初はストレスだったんです。

ストレスは大敵ですよ!みなさん!!

そして、そこから老化した細胞のいくつかは、完全に死んで排泄されずに、ゾンビのようにそこに居座るそうでして…

恐ろしいんです!!

このゾンビ細胞は、通常の元気な細胞に影響を与えて、次々とゾンビ化させていくそうなんです!!

(上記はNHKの番組のまとめですが、少しニュアンスが違うように捉えられてしまうかも。免疫の低下で…ってとこです。詳しくはファスティングセミナーで解説しますね!)

2008年から2010年の急激な劣化の原因は『ストレス』

そして、そこから老化した細胞の生き残りがゾンビ細胞化して、わたしの身体を蝕んで行き、太り続けるだけでなく、様々な不調を引き起こして行ったのでした。

しかし、第一弾の記事にあるように、そんな私に逆転劇が起こりました。それはもう、神様から選ばれたとしか思えないくらいの大きな転機とチャンス!

でも、その時にはここに繋がってくるとは誰も、わたし自身も思いもしませんでした。

老いない身体を手に入れることを広めることが私の使命

今、もし何かの原因で急激な劣化をしてしまった方、ダイエットにチャレンジしても全く効果のない方、老化により体調の不良が積み重なってきた方。

どんな方にでも、今からでも、

老いない身体を手に入れることは可能です。

この効果は、私だけでなく、弊社の従業員やその家族をはじめとして、お客様もですね!(ちなみに、弊社の日本の従業員はすべてお客様でした。)

梶本広美52歳→55歳
川添三千代51歳→53歳
清水麗子38歳→51歳 今の方が好き♡

50歳を超えてからも尚、若く美しくなり続けるこの秘密は、老いない身体を手に入れる『リジェネ活動』に他ありません。

従業員は真っ先に、私の開発したプログラムを喜んで実践するからですね♡私と同じような結果が出ていきます。

このプログラムは完全に再現性がありました!!

そしてこれを広めて、人生100年時代を謳歌したいすべての人に届けていくことが、これからのわたしのミッションです。

ひとつだけ、お伝えしておきます!

ブログを読んで、私のFacebookやインスタなどの投稿を見て、一部だけ切り取って実践してもこうはなりません。

その証拠に、今回開発したプログラムの中のひとつだけを実践した時の、これまた衝撃の画像があります。

エラスチン美容の説明の時にだけ使用している写真なのですが、今回はとことんお伝えしていきたいので、めっちゃ嫌なんですけど公開いたします。

次回のブログにて!覚悟してご覧くださいね!!

各種無料オンラインセミナー情報

【ご好評につき再度開催決定しました】再生医療の視点でそのメカニズムを解説するファスティングセミナー

夜しか時間が取れない…など、スケジュール合わない方は、その他を選択してご希望の日時などをご相談ください。ご要望に合わせて追加開催をいたしますので!

皆様のご参加お待ちしております!!

 

CONTACT

GRACECREAへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にご連絡ください。