COLUMN

  • COLUMN
  • 2020年10月10日

この人にいったい何が起きたのか!?

明らかに別人に見えますが、同じ人物。

そうです、私です。私なんです!

何かが起きたのは2013年から2020年の間、それまでの歳の重ねかたとは明らかに違う『今』があります。

何があってここまでの変化が起きたのか?

高純度エラスチンとの出会いはもちろんのこと、本当にたまたま偶然にも、細胞の老化を防ぎ若返りも実現できると言われる、サーチュイン遺伝子を活性化する「ある行動」を継続して行っていたのです。

その「ある行動」とは?

  • サウナに入る(温度ストレスを与える)
  • 軽い運動をする(ウォーキング30分など)
  • 断食をする

これらを継続的に行うことで、長寿遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子を活性化させ、細胞の老化を防ぎ、あるいは若返りさせ、そしてさらには、マクロファージやオートファジー機能により、老化したゾンビ細胞を死滅させ排泄し、老化を加速することを止めて、人は老いない身体を手に入れられると言われています。

このLIFE SPAN 老いなき世界を読んで、そしてFacebookで現れた3年前の写真を見て、私たちはすでに、数年前から老いない身体を手に入れていたことに気がつきました。

そして、さらにこの1年は『細胞増殖・活性化』を起こす新製法のエラスチンサプリメントを毎日欠かさず飲んできましたので、1年前よりも若くなったように思えます。

同じアプリで撮影してるけど、去年はさらに加工をしていた笑

ちょうど1年前、ベトナムでの医療ツーリズムの視察で毎週リゾートに行ってたんですが、その時の写真と最近の私ではまたさらに変化していることが伝わりますか?

分かりにくいかな?

去年も今年も同じSNOWというアプリで撮影をしていますが、1年前の写真はさらにそこからBeauty Plusで加工しているんです。なので、加工前の写真で比較した方がいいかな?

アプリで撮影したあとに、さらに加工してました笑

アプリで撮影、二次加工なし比較

いや、全然わからない!って人もいらっしゃると思うのですが、雰囲気が変わったというだけでなくて、肌の質感やキメの細かさなど、写真で表現できないさまざまな部分が驚きの若返りをしています。

手の甲の若返りって普通は不可能

昨日撮影した私の右手の手の甲

どんなにお金をかけて顔を美しく整えていても、手の甲の年齢は隠せない…と言われていますが、首よりも年齢が出るのが手の甲ですよね!

実はわたし、手の甲は若い頃より綺麗なんです。

しかも年中真夏のベトナム南部に住んでいて、強い日差しにさらされまくりの手の甲です。なのに、色も白くシミもなくふっくらとし、血管も浮いていない。

会う人会う人に自慢しては驚かれるという日々を過ごしております。

たまたま見つけた写真で気がつき、改めて検証した結果

3年前→最近のスタッフ梶本

エラスチン美容のパイオニアを名乗る私ですが、昨年から再生医療事業に携わることになり、毎日とことん勉強してきました。

その結果、これまでの説明にたくさんの間違いがあった事に気がついたのです。

その中でも、最も大きな間違いが、エラスチンを飲んでもエラスチンは補えなかったということ。

高純度だから補える!というのも違いました。

美容を目的ではじめたわけではありません、健康になりたかったんです。

2010年から2013年、毎年の正月太りが解消できなくなってきた40代。痩せにくくなっただけでなく、健康面での不安が増えていきました。

遺伝子検査で分かる肥満因子

遺伝子検査の結果

私の遺伝子検査の結果が見当たらなかったので、スタッフの検査結果です。

日本人の多くに影響しているといわれる3種類の肥満遺伝子「β3AR」「UCP1」「β2AR」を検査。糖質で太りやすいタイプ、脂質で太りやすいタイプ、筋肉がつきにくいタイプなど遺伝子型ダイエットタイプを判定することができるという検査です。

さらには、肌老化に関わるハリや弾力に関わるMMP1遺伝子、解毒能力の低下によるシミのできやすさに関わるGPX1遺伝子、抗酸化力に関わるSOD2遺伝子を調べし、肌がどのように老化しやすいかという遺伝的な肌リスクを分析することもできます。

私は、糖質の代謝が苦手で、筋肉が付きにくく、ハリや弾力、解毒能力の低い遺伝子でした。

上半身、特にウエスト周りに脂肪がつき、運動の成果も上がりにくく、しわやたるみができやすい上に、シミもできやすい。

そして、この遺伝的な身体の特徴は、30代半ばから顕著に現れるようになります。細胞が老化する事で多く発現する特徴なのです。

逆を返せば、細胞の老化を防げば、これらの遺伝的肥満のリスクを抑える事ができ、若い頃のように代謝のいい身体になるということ。

見た目の若さや美しさは副産物。

私はそれを目指したのではなく、健康的な不安や年齢を重ねて増えてきた多くの不調を改善したかった。それがここにたどり着くきっかけでした。

クリニックでしか受けられない再生医療を日常

再生医療として最も注目されているのは幹細胞治療。加齢とともに失われる幹細胞を身体から抽出、培養・増殖させて再び身体に投与し増やす治療法です。

詳しくは幹細胞セミナーで!

安全性の確保から、法律にのっとった手続きをした特定のクリニックでしか受けることができません。また、ほとんどの場合健康保険の適用がされず、自費で高額(200万円〜数千万円)という治療費がかかるため、まだまだ一般的ではありません。

また、成長因子と呼ばれる細胞を活性化させ増殖を促す治療法は手頃に受けることができますが、注射などで1部気になるの箇所に治療を行うため、身体の中、全身の細胞の活性化は不可能です。

それを自宅で日常的に行うことができていた。しかも、努力もなしに、普通に生活していて!!

これが、私に起こった奇跡!?の理由です。

これまでの経験に新たなパズルのピースが組み合わさり、点が線になり、面になって立体になる。

そんな奇跡をこれまでも多く体験してきましたが、今回はものすごいものが来たぞ!!という感じです。

幹細胞治療をはじめとした再生医療事業に携わることになり、そこから新たに学んだことと、そして新刊のLIFE SPAN 老いなき世界に掲載されていた内容と、新製法のエラスチンや私が実践してきた生活習慣と、全てが見事に組み合わさり、新たなプログラムの開発と『再生』をテーマにしたスクールが誕生しました。

盛り沢山すぎて、まとめるのが本当に大変ですが、あんなこんなでこうやってブログにまとめながら、皆さんにすべて伝えて行きたい。

そう思っています。

スクールやプログラムの詳細は、まだまだこれからブラッシュアップしてお届けしますが、まずは幹細胞や再生医療の基礎知識、新製法のエラスチンの秘密など、無料セミナーで学んでいただけたらと思います。

皆さん、いろんなお仕事をされていると思います。それぞれにお忙しくされていると思います。

でも、私が巡り合ったこの素晴らしい奇跡を皆さんにも提供して、健康で若く美しく、いつまでも楽しく暮していく『老いない身体』を多くの方に手に入れてもらいたい。

そのためには、皆さんが観念するまで伝え続けて行きます。

世界は本当に変わる。そしてこれからの世界は大きな二極化です。

海外で仕事をしているからこそ見えるもの。手に入れられるもの。それを自分だけでなく、日本の皆さんに還元したい。ただそれだけです。

 

CONTACT

GRACECREAへのお問い合わせは、
こちらからお気軽にご連絡ください。